ファッションは年齢に関係なく楽しめる

叔父のどもり

以前三島由紀夫の『金閣寺』を読み、どもりがちな主人公の人生をなぞっていく内に、とある人物を思い出していきました。
どもってしまう母方の叔父です。
よく知らない場合はどもり 原因へ連絡をしてみてみましょう。
どもりがちなのも原因の一つだったのかはわかりませんが、長らく働いていませんでした。今で言うニートですね。わたしがものごころついた頃には、叔父は既にゲーム漬けの日々を送っていました。数年前に社会復帰を果たしてからは真面目に働いていますがね。
母が言うには、叔父はもともとはどもっていなかったそうなんです。
なんでも、叔父が幼い頃どもりがある友人がいたとかで、その友人の真似をして遊んでいたらしいのですが…その内に、すっかりどもるようになってしまったというんです。母は何度も「そんなことしてたら直らなくなるよ」と注意していたそうなんですが、改めなかったらしく…結果、本当に直らなくなってしまったとか。
…直る直らない以前に、「そういう人を馬鹿にするような行動はいけない」と教えるべきだったのでは、という気がしますけども。
たいていの人にはどもりというのはあまり縁の無いものかも知れませんが、そういった経緯でわたしは幼い頃から当たり前にどもりに接していました。
よくわからない場合はどもり 原因で申込み下さい。